読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/11 今日はポッキーの日では無いらしいです

こんにちは。きりんです。最近好きな豆は胡桃です。字が可愛いと思います。思いませんか?



成人式が各地で行われているようですね。

スーツの男はまだしも、振袖で移動する女性の方は大変だなあと思います。僕は成人式の後の同窓会で幹事をやったのですが、良い思い出は特に無いので、幹事の方は頑張ってください。マジで。




というわけで、本日は眼鏡について書きたいと思います。



僕は眼鏡が好きです。ファッションアイテムとして今や多くの人がかけている眼鏡ですが、眼鏡がいつ日本にやってきたかみなさんご存知でしょうか。



そうです、その通りです、かの宣教師フランシスコ・ザビエルがその文化を伝えてくれました。

ところでペリーとザビエルが混ざることってありませんか?僕はあります。黒船がペリーです、頭に皿を載せてるのがザビエルですね、おそらく。ザビエルは河童だったのでは、という説を聞いたことはありますか?僕はありません。




ザビエルのおかげで眼鏡は日本に伝わったわけですが、もちろんいまの形ではありません。最初は鼻に挟んだり、手で押さえるようなものでした。

f:id:poifull0708:20160111195417j:plainf:id:poifull0708:20160111195500j:plain

wikipediaより)


こんな感じですね。



それから紆余曲折を経ていまの形になったわけですが、僕はそんなことより、正直、この時代のこの眼鏡が欲しすぎるんです。



めちゃめちゃ格好いいと思いませんか?

木造りの眼鏡や、真鍮、とても細いアルミの物など様々な種類があったようです。



上野国立科学博物館に、その時代の眼鏡が展示されています。

うろ覚えですが、おそらくそれは木製のものでした。めっちゃほしい…



売ってる場所があるのなら是非教えてください。是非是非



流行は繰り返すというし、そろそろ流行りが再来しないかなぁ…




僕は本当に眼鏡が好きなので、そのうち眼鏡の選び方についてでも書きたいと思っています。というか今日はそのつもりで書き始めたらただ欲しいものを書いただけになってしまいました。とにかく欲しいんだ!!!仕方ない!!!



胡桃とパンは相性が良いことに気がついたきりんでした。それでは。