読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/25 ローソンのあんこクロワッサン

こんばんは、きりんです。段々と僕と肛門、及び腸との友好が回復してきたように感じます。みなさんは腸との友情、大事にしていますか?経験したことがある方は分かると思いますが、奴らが本気で反旗を翻してきたときは生命の危機を感じることになるので、本当に常日頃からいたわって生きていきましょう。

 

 

体調が悪くなったり、行動がどうしようもなく制限されてきたりすると、なぜか相反して欲求が高まっていきますよね。たとえば、絶食で入院しているときに、食べたいものしか頭に浮かんでこなかったり、金欠でどうしようもないときに、遊びに行きたい場所が次々と浮かんで来たり、テスト期間中に、やりたいことが異様に増えてきたり…。すべて現在の僕の状況です。ですがこういうことありませんか?

 

 

これらはおそらく、逃避からくるものなのだと思いますが、それではこの状況をうまく利用すれば、持っている自分以上の力を発揮できるのではないか?と思い、想像してみました。

 

 

このまま胃腸炎が治らず、レポート提出期間ぎりぎりにやっと回復、かつテスト勉強も体力温存のために何も手をつけず…だめですね。一瞬考えただけで、これはただの一夜漬け、それも最悪なパターンの、全て間に合わずに全部放棄、という地獄のような結末が見えました。

逆に言えば、一夜漬けは、分量を正確にわきまえれば、自分にストレスを課すことで自らの力を最大限に発揮することができる方法なのかもしれません。ハンターハンターの制約と誓約みたいですね。

 

 

 

音楽をやっている友人が、何かしら成長しようと思って最近ひたすら勉強している、授業もかつてないほど真面目に受けている、といっていた時期がありました。その後一年くらいまともに顔を合わせなかったのですが、久しぶりに会ったら、ちょっとバンドが最近いい感じ、だと言っていました。認めてくれる人が増えてきた、とも言っていました。僕は、あまりにうれしそうなその顔に、お前勉強どうなった、とは聞けませんでしたが、それもこういうことだったのかもしれません。ちなみにかれは僕が留年したら学校にいました。留年していました。

 

 

義務をこなしながら趣味に精を出すと、予想以上の効果が出るものなのかもしれないなあと思いました。ただし義務を放棄すると大変なことになる。主に留年とか。

 

 

腸炎とテスト期間という二重苦に苛まれながら、胃腸炎に対しては「勉強したい欲」、「好きなものが食べたい欲」

テスト期間のストレスに対しては「遊びたい欲」、「好きなものが食べたい欲」。

 

そのような欲望と義務感が互いに打ち消しあい、いまや、ただ「好きなものが食べたい」としか思えなくなったきりんでした。今一番気になっているのは「コーヒーに会う美味しいコンビニパン」です。それでは。

f:id:poifull0708:20160125225614p:plain

 

あんこクロワッサン|ローソン