読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/12 散歩の達人

こんばんは。きりんです。一日中バイトをしてるとブログを書く暇が全くありませんね。焦ります。




バイトにて、体を動かしながら今日書く内容について考えていたのですが、全く思いつきませんでした。なにかについての発想は時々ふわっとあらわれるものの、まったく文章にできません。今は歩きながら書いていますが、これがやはり1番いいです。




みなさんは考え事をするとき、なにをしていますか?お風呂に入っていたり、寝る前だったり、ぼーっとしながらだったり、身体を動かしながらだったり、色々あると思います。僕は歩きながら考えることが多いです。




僕は散歩が好きです。歩くことが好きです。今から数年前、受験勉強をしていたころは1日1時間散歩の時間を取っていました。また、途中下車して歩くことも多いです。神田から秋葉原だったり、新宿から新大久保、上野から秋葉原とかも歩きます。山手線の上半分は歩いてない駅はないと思います。



何故そんなに散歩が好きかと言いますと、考え事が1番まとまる気がするからです。考えなければいけないことが多すぎて自分の容量を超えてしまったり、考え事が行き詰まったりすると歩きます。



僕のその散歩は、周りの景色を楽しむようなことはあまりしません。そういった景色を楽しむ散歩も、歩くことが好きなので大好きではありますが、考えごとをしていると段々と歩くスピードが速くなり、また周りを見ているはずなのに思い返すとまったく記憶に残っていないことも多いので、おそらくそういう散歩とはまた別のものです。




ですが、かなり早いペースであるくことのおかげなのか、混乱した頭の中を整理することができます。とか書きながら上手く整理できないことの方が多いですが、歩きながらだと、じーっと考え込んでいるより幾分無心に近づける感じはありますので、精神衛生的にも良い気がします。どうなのでしょう。




おすすめ散歩コースは、巣鴨から駒込です。線路沿いにずんずん歩いていくと、線路を見下ろせる位置に小さい公園があり、最適な位置にベンチがあります。ずんずん歩いて行ってなにもいい考えが思いつかなかったことを後悔しながら一服します。たまにうまく考えがまとまると、電車がめちゃめちゃ格好良く見えます。夏はものすごくたくさん蚊がいます。




夏目漱石の「こころ」でも、思考をまとめるために散歩する場面があったような気がします。「風立ちぬ」にもあったような気がします。森博嗣の作品のどれかにもあったような気がします。全部うろ覚えです。




散歩、おすすめです。というより、みんなもっと歩きましょう。多少運動不足も補えるのではないでしょうか。




疲れ果てて歩きながら自転車に抜かされると、「自転車…のりたいな…」と思ってしまうきりんでした。それでは。