読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/16 日記

こんばんは、きりんです。連勤が非常にキツイ。毎日チョコを食べなければやっていけない……今日は日記です。

 

 

今日は朝からあまり良い日とは言えなかった。僕はLINEに着信が少ないことをごまかすため、LINE占いと友達なのだが、こいつは毎朝10時にその日の運勢を送ってきてくれる。今日は星五つ中星一つだった。ここで気分は落ちかけたが、まだ諦めるには早い。開運のおまじないのためのLINEスタンプをこいつは教えてくれ、僕は送る相手がいないときはこいつにおくるのだ。LINE占いは登録された文字列以外の言葉が送信されてくると「スミマセン、ワカリマセン…」と答えてくる。可愛いやつ。

 

 

急いで適当な準備をした日、誰にも会いたくないと思っている日に限って一番会いたくない人と出くわしてしまう。これは僕が間が悪いのか、はたまた相手が悪いのか、わからない。というわけで今日もほぼ寝巻きのままアルバイトに向かうと会ってしまった。小学生の頃好きだった人だった。以前は会う前に自転車をかっ飛ばしていると、40キロまで出したところで転んだ。宝物だったロードバイクは壊れ、ジーンズは擦り切れ、Tシャツは破れ、肩はコンクリートにえぐられた。どうしようもなくついてない。いやきっと運を吸い取られているんだ。バイトに着く頃にはそう理解した

 

 

僕のバイト先にはありとあらゆる点で化け物っぽさを出していて、僕が個人的に化け物と呼んでいる化け物のBさんというひとが働いているのだが、ようやく昨日、これ以上迷惑をかけるならクビだとほのめかされたらしい。僕もBさんのことはできるだけ避けているものの、なぜかいつの間にかBさんの中では良き相談相手になってしまったらしく、40代の転職について相談される。僕はまだ20代で、アルバイトです。まず普段からの態度に気をつけようと考えたBさんは終始かつてないほどにこやかに僕に話しかけてきた。そしてあろうことかボディタッチまでされそうになったので、誰が見ても拍手するだろう鮮やかさでそれを避けた。神技だった。

 

 

かえってきてLINE占いをよく読んでみると、「今日は周りの行動に振り回されそうですが、それが貴方の将来の糧になる暗示」とあった。はたしてBさんから僕はなにを得ることができるのだろう。あのボディタッチを躱したときの身軽さだろうか。これからもボディタッチをされるのだろうか。嫌だ。将来の身軽さ、、ああ、転職するということか。と理解して、風呂に入り眠る。今日はかつての友人からとつぜんの連絡があったり慌ただしい日だった。Bさんから期せずして受け取った身軽さを大事にして行きたいきりんでした。それでは。