読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月17日 負の連鎖

こんばんは。コアラです。

昨日父親が子供みたいなことで怒ってふてくされていました。

いったい何に怒ったかというと、見たいテレビを見せてもらえなかったからです。

その経緯は、マツコの知らない世界でポテトサラダについて放送していたので、それを見たいコアラと母親と姉と、牧場で暮らす大家族を見たい父親で対立をしていましたが、多数決で我々が視聴権を得たことによるものです。

ふてくされたパパは、「じゃあ、明日作れよ!!💢」と言うもんだから、売り言葉に買い言葉で「明日作るよ!!」と言ってしまいました。

最近うちの父はわがままで急に変なタイミングでキレたりします。
そのため家では以前にまして夫婦喧嘩が増えており、母はだいぶ頭を悩ませております。


以前こんなこともありました。僕たちが、自分のためにと買ってきたお菓子を勝手に食べたあげく問いつめると、食べられたくなければ、隠しとけ!!と怒るといった、独裁者のような状態です。。。

どこかの番組で誰かが言っていましたが人間年をとると、逆に子供に戻っていくといったことを、思いだしました。
認知症の患者ほどわがままなことはいっていないですがだいぶ自由で頑固になっています。

僕は保育園のころは
「すきなひとはおとうさんです!」
といっていて
「しょうらいはおとうさんのうんてんしゅになりたい!」
と言っていたパパっ子で、可愛いころがありました。

今でも嫌いではなく好きなんですが、少々厄介だなと感じることがあります。

とはいっても今まで自由を犠牲に僕たち家族を養ってもらってるので、すごく感謝していまて尊敬しています。これは社会人になってより強く感じるようになりました。

今年68歳になる父ですので、体の心配もあり長生きしてほしいものです。

それと結局ポテサラは作りませんでした。
理由は家にあるマヨネーズが少量で足りなかったからです。

帰ったら何か言われるかも…


さて話は変わって今日は最終面接の結果がきました。
結果は…………



不採用!!


さあまた1からスタートです!

頑張ります!

理由としては僕が質問の意図と違う解答をすることが多々あったことと、もう一人迷っている人との差で、意欲が感じられなかったとのことです。

あー意欲は確かになかったからなーー


そんなことを電話で例の女性チューターから聞き、彼女が「私の力がおよばなくてすみません。」と言ってきました。
いやいや僕の問題で実力がなかったんです!僕の方こそすみません。

いやいや私が…

いやいや僕が…

こんなことを永遠続けていました。


付き合いたてのカップルか!



またいちから一緒に頑張りましょうということでまとまりました。

悪いことは続くものでここで止まればいいんですけど、どうでしょう。


とある話でドラえもんが縄を例にこんなことを言っていました。
『人生はこの縄のように良いことと悪いことが絡まり合っていくんだ。だから悪いことのあとにはいいことがくるよ!』

ど、ドラえもーん、さすがいいこと言う!!

というわけで順番的に次は良いことがくることを期待して今日は失礼します。


コアラ