読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/22 「るろうに剣心」と僕ら

こんばんは。きりんです。最近以前にも増して飽き性で、軽い気持ちで始めたけど弟がガチ勢だったソシャゲや、友人に勧められた簡単な出会いアプリも速攻で辞めました。こんばんは。




たぶん今これほど飽き性なのは以前よりやることが増えたからなのかなあと思っています。ソシャゲとか時間ないとできない。電車で毎回開くほどマメではない。




今日から落とした必修単位の集中再履修が始まり、朝9時から15:30まで完全に拘束されるんですが、1日目にして心が死んだ気配を感じています。内容自体は会話するものだからつまらなくはないんだけど、一週間これが続くと考えた時の絶望感たるや。だが心が死んだ僕に敵はない。かかってこい全て受け切ってから倒れてやろうぞ。





しんどかった時期と言ったら高校1年から3年前期まで続く、まあ部活の事ですね。部活が嫌いだった理由はごまんとあるんですが、一回書いてただの愚痴になったので全部消しました。今更言っても仕方ないですので。





その頃によく言われていたのですが、みなさんは「これが将来のお前の糧になる」とか、「やっておいてよかったと絶対思える」とか言う言葉をどう思いますか?僕は糞ほど嫌いです。言葉が汚くなりましたね、排泄物レベルに思っています。

なぜなら全ての物事に後付けで意味なんかいくらでも付けられるからです。そして例えそのやっておいて良いらしいことをやらなかったとして、別のことで絶対に自分にとって利益があることを経験できるからです。同じ理屈で言うならばそれにだって後で素晴らしい価値が見つけられるからです。

だからこんな言葉を僕は信じていませんし、それは僕が決めることでお前が決めることじゃねえって思いながら笑顔で相槌をうちます。

なので現在めちゃめちゃ苦しいけれどそんな言葉を信じて続けている人は心を壊す前に止めてください。心を壊してしまうと時間をめちゃめちゃ食いますよ。オススメしません。




話が逸れました。だから同様に過去の失敗についてあのことがあったから今の俺があるとか、そういう風に自分の過去を正当化することも嫌います。正当化できるように意味を後から付ける行為を嫌悪します。そんな風に正当化するんじゃなくて一生後悔しながら償いながら生きていけば良いと思います。そんな風に正当化したところで失ったものは戻らないしかけた迷惑が無くなるわけではありません。「ごめんで済んだら警察いらない」を僕はこれに近い意味で解釈しています。西尾維新もこの言葉についてなんか書いていましたね。




さて、いかがでしたでしょうか、信じられないかもしれませんが以上が和月伸宏作「るろうに剣心」の紹介です。いや、本当に本当に漫画はまんまこんな感じです。ただ思ってること書き殴っただけじゃないんだよ!!信じてくれよ!!




最近は映画化され、現在宝塚での舞台もやっていますね。初めて全て自力で集めた漫画です。過去多くの人に多大な哀しみと苦しみとを与えたニートが挫折を乗り越え社会復帰する物語です。ぜひどうぞ。




最近昼ごはんにうどんをたべるとテンションが上がる体になってしまったきりんでした。もう…戻れない…。それでは。